どさんこの玉手箱

結婚をきっかけに愛する北海道へやっとこUターンした主婦☆みらい☆の日々の出来事

プロフィール

☆みらい☆

Author:☆みらい☆
オクさん :30代北海道在住の主婦
オットさん:30代普通のサラリーマン

オクサンの趣味は旅行、手芸、料理、美容、健康維持などなど
近郊のスポットなどもとりあげてます♪
愛するオットさんとのたわいない日々も書き込んでたりしますがご了承下さい
5月に長女を出産しました!

コメントも気軽にお待ちしてます!

カテゴリー

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアンズから日本への帰国について
飛行機が深夜便だったので夜に飛行場へ移動
手続きも済ませてロビーで待機
s-CIMG1559.jpg
免税店はやっていましたがすぐに見終わってしまう程度の規模
買うものももう特になかったので少し寝ながら待ちました

ケアンズ短い日程だったけど思い残すことのないよう十分遊んだので堪能です
また来ることがあるとしたらいつだろう?
子供ができてある程度成長したらかな~
遊ぶ場所に困ることがなさそうなくらいレジャーが豊富だし


そうこうしているうちに飛行機は飛び立ちまずはグアムへ
s-CIMG1560.jpg
機内食はなんだかとってもまずいバンズでした
深夜だから寝るだけですしいいんですけど~

ところで行きの飛行機では英語が堪能でなければ非常口近くの席には座れませんと言われました
なのに帰りには何も確認されずに非常口隣の席
「いいんだろうか?まったく英語はできないぞ」
と思いながらもあえていうこともできず
実際はあいまいなものなんですかね

グアムでの待ち時間は今度は2時間くらい
s-CIMG1561.jpgs-CIMG1562.jpg

この程度だと手続きしてなんだかんだで時間はつぶせる程度だったから楽でした
でもやっぱり乗り継ぎではなく直行便でいきたいもんです

ちなみにこちらはグアムでとった写真
s-CIMG1563.jpg
すごくきれいじゃないですか!?
とったのは看板ですけどね

日本に帰る際には映画「天使と悪魔」がながれていたので夫婦で鑑賞
長い映画だったからフライトはあっというまです

午前9時過ぎに成田に到着
旅に出るとケンカするっていうけどそんなことも特になくエンジョイした新婚旅行でした

またお休みとお金に余裕ができたら愛するオットさんとどこかに旅行にいきたいです
スポンサーサイト

さてとびとびですがケアンズ情報
あまり買い物はしなかったけど参考までに

1.ナイトマーケット
こちらに行けばおみやげ物はなんでも手に入ります
オクさんはこちらでほとんど購入しました
お店をみながらうろうろしていると割引券をくれたりしてお得にいろいろ買えたりしますよ
うちのウォンバットのぬいぐるみもこちらでゲット
サプリメントや化粧品は必ず消費期限を確認してください
お得だと思っても実は消費期限がぎりぎりで使い切れなかったりします
Tシャツやぬいぐるみなども縫製がかなり雑なものが多いので必ず広げて細部まで注意してみましょう
マッサージスペースもあります
日本の相場の半額くらいで受けられますので旅の疲れを適度に癒せますね

2.ウールワース
スーパーです
だいたいの食料品、雑貨はこちらですべてそろいます
お菓子などのおみやげはこちらの方が安くすむものも多くありますよ
結構ひろいので見て回るのも楽しいです
ティムタムのお菓子がとにかく安くていくつも買ってしまいました
日本だと¥400ぐらいがなんと2ドルを切っていましたから

3.DFS
ブランドものに興味のある方はといった感じでしょうか
オクさんはあまり興味がないのですどおりしていましたが中も小さくて見て回るにはすぐに終わります

4.OKショップ
御存知!?大橋巨泉さんのショップ
日本人はみなさん足を踏み入れていますね
スタッフがみなさん日本人だから買い物にストレスを感じることはないのでしょうね

5.ラスティーズマーケット
行きたかったけど営業時間的にいけなかったお店
だいたい夕方くらいまでやっているみたいです
話によると市場なので果物がとにかく安いらしい
南国特有のフルーツを手に入れたい方はぜひ

6.お酒について
スーパーなどではお酒は販売していませんでした
DFSの3軒隣に「酒」の看板がありますからそちらで通常のお値段で買うことができます
私は庶民なのでホテルの冷蔵庫から出して部屋でのみ最終日にこちらで買って補充しておきました
やることせこいかな~


だいたいどこのお店も日本語を話せるスタッフがいますからいろんなことを心配せずにショッピングを楽しむことができますよ

オーストラリアでの食事はあまり期待はせずにむかいました
自分達での選択の楽しみはディナー
そのほかはツアーに組みこまれていたりしたものですから

1日目は「ダンディーズレストラン」
オージービーフをしっかりいただこうということで向かいました
s-CIMG1315.jpgs-CIMG1316.jpgs-CIMG1318.jpgs-CIMG1321.jpg

コースをたのんだのですが牛とカンガルー肉から選べるとのことだったのでひとつずつお願いすることに
料理はこんなものか~といった感想
特別おいしいわけでもなくまずいわけでもなく、量ではなく気分的に物足りないかな

こちらは接客がいまいち
忙しい時間帯の割には人手が足りてなく、どこのテーブルも注文も料理自体も待たされていました
人を選んで接客態度があきらかに違っていたのでびっくり
あからさますぎです
一応どのガイドブックにものっていてかなりおススメレストランとしてアピールされていたのにがっかりでした

2日目はナイトマーケットでモリモリバイキングです
s-CIMG1450.jpgs-CIMG1445.jpg
行動しすぎて疲れていたので買い物がてらによったこちらのフードコートで選択
s-CIMG1446.jpg
盛りすぎですよねあきらかに
でもこちらの一皿盛り放題でだいたい14ドルぐらい
ふたりでひとつたのんだのでちょうどいい量でした
しかしファストフード的あつかいなので味付けは濃いです

3日目はヒルトンホテル一階の「モンドカフェ」
どこに行っても日本人が多い中こちらのお店は外国にいるんだな~という空気を感じ取れます
日本語を話せるスタッフがいなくてもそこは陽気なオージー、なんとかなります
s-CIMG1553.jpgs-CIMG1548.jpg
s-CIMG1549.jpgs-CIMG1547.jpg

たのんだものは「WAGYUハンバーガー」
オージービーフではなく和牛
だってかたくって、オージービーフ
味はいたってごく普通
外のテラスでいただくオーストラリア最後の晩餐、開放的で気分的にも盛り上がります
ハンバーガーはオットさんにまかせてオクさんはビールを飲み干しておりました

そうそう一つ気になったけどいけなかったお店があります
エスプラネード沿いのナイトマーケットをでて右手にあるお店
「ラトル&ハム」
s-CIMG1307.jpg
窯焼きピザがオススメと他のところでもみかけました
こちらも異国の感じを味わえそうですね

全体的に肉の味付けはされていないものがほとんどなので自分たちでソースを選んで味付けし食べることになります
ビールは暑い国ならでは軽めのテイスト
なのでぐびぐびいけちゃいます
そして毎日オクさんはぐびぐびいっちゃいましたよ
ワインもおいしかったですし天国ですな

さて泊まったホテルについて
宿泊先はヒルトンケアンズ
s-CIMG1302.jpg
オットさんが初海外だったといこと、新婚旅行だから、ということで決めました

立地はハーバーからも近くカジノも中心部もどこに行くのにも便利な場所
文句なしです
買い物をしすぎても一度ホテルに戻って置いてから再び出かけるなんてことも可能です

泊まった部屋はシティービューでしたが景観は緑鮮やか、遠くには海ものぞめて満足です
s-CIMG1299.jpgs-CIMG1300.jpg


部屋の清掃はしっかりいきとどいていて快適にすごせました
s-CIMG1298.jpg

アメニティも思っていたよりしっかりそろっていて何も日本から持っていく必要はないですね
海外でよくないもの、スリッパ、歯ブラシも
s-CIMG1473.jpgs-CIMG1545.jpg

ロビーは広々として落ち着いていられる雰囲気
バーも併設してあり夜はホテルに帰って部屋に行く前に一杯いただけるといった感じでしょうか
エレベーターはルームカードキーが必要で、宿泊客以外は客室に近づけないのでセキュリティ問題も安心だと思います
しかし慣れるまではちょい面倒でした

プールも広々していて天気のいい日にデッキで読書もいいですね
たどり着くまでちょっと迷ってるんじゃないだろうかと不安になる道のりでしたけど
s-CIMG1442.jpgs-CIMG1443.jpg

朝食は1階でビュッフェ形式、宿泊客以外の方でも利用できるシステム
s-CIMG1454.jpg
日本人は多かったけど日本人にありがちな「食べきれないのに盛りすぎて残す」といった方や大きな声で話すマナー違反な人たちはいなかったので落ち着いて朝の時間を過ごせます
ビュッフェの内容も種類豊富で満足できます
お米も味噌汁もおそばなんかもありましたよ
オクさんとしてはパンの種類がたくさんあって毎日いろいろチョイスして楽しみました
s-CIMG1455.jpgs-CIMG1322.jpgs-CIMG1238.jpgs-CIMG1457.jpg


スタッフは日本語を話せる方がいるので特に問題なし
チェックアウトの際食べていない昼食代が組み込まれていてびっくりしましたが、すぐに調べていただき問題なく終わりました
おそらく常駐しているわけではなさそう

全体的にヒルトンだからといってきらびやかな感じではないですけど落ち着いてすごせるホテルです
オクさんは個人的にホテルのランクは装飾等は重要視せずいかに快適に過ごせるかの点が大切だと思っているので参考にならない方もいると思います
治安がとってもいいのでもう少しランクを下げたホテルやコンドミニアムなどでもケアンズでは問題なく快適にすごせると思います

最後の日の午後は何も予定を入れていなかった
あまりに全部つめこみすぎると疲れてしまうかもというのが理由

前日にひとめぼれでウォンバットのぬいぐるみを買ってしまった
オクさんじゃないですよ、オットさんがです

でも実際ウォンバットの本物はみてなかったのです
「やっぱり本物を見たい!!」とおもいたち午後にウォンバットがいる動物園にいけるツアーを探して無理やりねじ込みました

このコースは半日観光なので動物園だけではなくその他もろもろついてきます
ということでまずは植物園へ
世界最古の熱帯雨林の植物達を見ることができます
私達が行ったのは日曜の午後でちょうど結婚式がおこなわれていました
s-CIMG1478.jpgs-CIMG1479.jpg

そしてオクさんオットさんの目的地トロピカルズーへ
他のツアーの人たちはコアラ抱っこ写真に夢中でしたがオクさんたちは一目散にウォンバットのもとへ!!
もらった園内地図がどうにもわかりにくくて迷いましたがなんとかみつけた!!
s-CIMG1501.jpg
ああぁ!!かわいい!!
このずんぐりむっくり具合がとってもいとおしい

あまりウォンバットから離れたくなかったけど一応ほかも見てみようということで園内まわってみました
s-CIMG1518.jpg
体調5m近くのワニがいた
写真だと大きさあんまりわからないんですわ~

ちっちゃい動物園だったのですぐに見終わってしまい時間までウォンバットの近くですごす
この子もやっぱり夜行性なので寝てばっかり
でもこんなだけど時速40kmで走るらしいっすよ

動物園を離れたあとはバンジージャンプを見学
その場所の入り口にはおもしろい標識が
s-CIMG1529.jpg
こういうユニークさがいいですね~好きです

同じツアーの人が挑戦するということでみまもることに
本当だったら私もやりたかったんですけどいかんせん金額が・・・1回飛ぶのに130ドル
ん~、そこまでやりたいかというと微妙だったのでやめときました
ここでは3人同時に後ろに吊り上げられて落とされるものと通常のバンジーがありました
動画をとったのですがアップの仕方を理解していない初心者なのですいません
勉強したらチャレンジしてみます

そして最後はケアンズ北部のビーチでひとやすみ
これでケアンズともお別れだわ~
とおもいながら砂浜でのんびり
以前お気に入りのHPでやっていたネタを実践してみた
s-CIMG1541.jpg
これは「目」です
どうでしょう、見えますかね?

Copyright ©どさんこの玉手箱. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。