どさんこの玉手箱

結婚をきっかけに愛する北海道へやっとこUターンした主婦☆みらい☆の日々の出来事

プロフィール

☆みらい☆

Author:☆みらい☆
オクさん :30代北海道在住の主婦
オットさん:30代普通のサラリーマン

オクサンの趣味は旅行、手芸、料理、美容、健康維持などなど
近郊のスポットなどもとりあげてます♪
愛するオットさんとのたわいない日々も書き込んでたりしますがご了承下さい
5月に長女を出産しました!

コメントも気軽にお待ちしてます!

カテゴリー

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.31

1ヶ月健診

昨日はチビたん&オクさんの1ヶ月健診に行ってきました~

オットさんが午後お休みをとって車で一緒に来てくれたので大助かり実は前回病院にチビたんと2人きりで行ったときは診察直後の着替えのタイミングでオシッコされて替えの着替えも持ってなかったので濡れたまま帰らなくちゃならなくて大変な目にその上ギャン泣きされるわで心が消耗しました

さてさて久しぶりの外出にウキウキで出かけましたよ
チビたんにも新しい服着せたりして前回の苦い経験からやたらとお出かけ荷物が多くて大変ではありましたが備えあれば憂いなしといったところですとはいえ準備万端の時に限ってなんにもなかったりするんですけどね、チビたんはお出かけ最中とってもおとなしくグッスリさんでした

肝心の健診内容は特に母子とも問題なし懸念していたチビたんの体重も順調に増えててなんとか完全母乳でやっていけそうです
乳児湿疹が少し気になっていたのですが薬を出されるほどではなく丁寧に石鹸で洗ってあげればひいていきますよといわれました
オクさんも悪露もほとんどなくなり子宮の戻りもかなりよくお風呂が解禁チビたんをお風呂に入れるのもずっと楽になりました!まぁ今のところお風呂担当はオットさんですけどね

あと数日で新生児という貴重な時期も卒業です
育児は育自、自分もたくさんチビたんと学んでいきますわ
スポンサーサイト

2011.05.25

育児日記

出産前に育児日記をつけるべきかどうしようか悩んでいたのですがとりあえずこちらの日記を購入しておきしました
s-CIMG3347.jpg
3年日記なんて厳しいだろうなと思いましたが2年目・3年目はひと言記入程度なのでなんとかなるかしら

ブログでつけた方が早いかな?とも思ったのですがやはりチビたんの個人的情報もでてくるだろうし、パソコンたちあげることすらままならないかも・・・と思ったら、好きなときにすぐに書き込める方が無難かな~と考えたすえです
毎日つけ続けることはむずかしいかもしれないけどできる限り時間を見つけて書き込んでいくつもりです

そして出産後、書けているかどうかというと、今のところ毎日なんとか書きこんでます
基本的にアバウトで忘れっぽいオクさんにとってはこの日記を選んでつけるようにして良かったなぁと感じてます。
あれっさっき授乳どっちのおっぱいだったけ?今日ウンチしてたっけ?となることが目に見えてましたから・・・
なので授乳状況やうんちやオシッコの回数なども書きこめるので後で確認するのに役立ってます

さて二年後、三年後まで続くかどうかはわかりませんができるかぎり書きこんでいつかはチビたんに渡してあげたいな~なんて考えてます

実は入院してる最中にチビたんが新生児黄疸の数値でひっかかってしまいました
毎朝検診があるのですがある日「数値が高いので1日光線治療をおこないます」といわれ連れて行かれることに・・・

突然のことで助産師さんや看護師さん、お医者さんの言われるがままにまかせていたのですが、出産した翌日からびったり一緒にいたので急に一人ぼっちの状況に心が追いつかず・・・いない間ずっと泣きくれておりました

オムツ一枚に目隠しをされてまるきり日サロのような機械に入って光線治療をうけているチビたん、その姿はあまりにかわいそう過ぎて辛かったです
泣いてるオクさんに助産師さんがいろいろ話を聞いてくれてなんとか治療の1日をのりきりました。
しかしここから産後うつのような症状に苦しみましたね~
退院後まだうまく出ていない母乳のため頻回授乳になっているオクさんとチビたんに、まわりの何気ない「飲みすぎじゃない?」「おっぱいちゃんと出てるの?」などの言葉にやたらと気持ちが振り回されひとりでしくしく泣いてたりしました。
まわりははじめての育児にいろいろ助言をしてくれているだけなんですけどね

新生児黄疸の数値は退院後に二度ほど検査通院し無事にさがったので本当に安心しました。大事にいたらず終了してよかったです
それと同時にオクさんの産後うつ症状も落ち着きました
普段だったら受け流すことができる程度のことが気がかりがある中でできなくなっていたんですね

今は毎日育児に奮闘中で泣いてる暇はないぞ~という日々
自分が今まで経験したことのないことばかりで毎日発見です
楽しんで育児ができるように細かに毒出ししながらやっていきたいと思います
だいたい矛先はオットさんになりそうですが

2011.05.16

出産レポ

チビたんが誕生して2週間
オクさんの感覚としてはもう1ヵ月とかたってる気がするほど濃密な日々です
8日に退院しました生まれたのが連休のはじまりあたりだったのでいろんな方がお見舞いに来てくれました。
見にくる人みんなやはりオットさんにそっくりねぇと言われます

退院後の生活はお義母さんが数日ですがお世話にやってきてくれてかなり助かりました
週末は実母が手伝いに来てくれてなんとか里帰りせず自宅でも産後の生活を過ごせています


さて出産について覚書としてかなり長くはなりますが記録を残しておきます

5月1日に日が変わった夜中になにやらお腹が痛くなり、間隔をはかってみると約10分間隔
もしやこれが陣痛とやらかしら??と半信半疑ですごしておりました、痛みとしてはちょっとした生理痛くらいなものですから我慢できちゃうくらいなんですよね(もともと生理痛がかなり激しい方なので)。
そして2時半ごろトイレに行ってみるとおしるしが!ここからついに出産につながるのか!?とドキドキしながらひとりでリビングで陣痛の間隔がせばまるのを待つことに。
しかし待てど暮らせど不安定な陣痛間隔。我慢できる程度の痛みだったので朝方にはなぜだか遠のいちゃいました。よくきく前駆陣痛とやらだったみたいです。

この日は本当はホテルランチを計画していたのですがこのように体調がすぐれないので取りやめになりました
そしてご飯を作る元気もなく出前の弁当などありあわせのもので食をすませました

そして5月2日に日が変わった夜中・・・再び微妙な痛みの連続が。
約1時間の計測で7分おきぐらい。また前駆陣痛かしらと疑いつつも病院に電話。もう少し様子をみてもいいと言われましたがまた遠のいたら嫌だな~と思い病院にいくことにしました、この段階で深夜2時半過ぎ
病院について子宮口をみてもらうもののどうやらまだ開いてもいないらしく、病室で待機
陣痛の間隔は不規則で突然せばまったかと思いきや間があいたりして自分自身もゴール地点がわからないまま進んでいることにイライラするし痛いし・・・
陣痛室に何時だったかおぼえてないけど(たぶん8時か9時くらい?)移動してそこから痛みがどんどん強くなる

ちなみにオクさんの前に出産されてる方がいて、まだ少し平常心のあったオクさんは隣の分娩室から聞こえる出産模様に「私もいざ産み落とすときにはあんなふうに叫ぶのかしら??」と思っておりました
まぁ実際はかなり叫びましたよ、喉がやられてましたから

12時過ぎにかなりいきみが強くなり分娩室へ移動
ここからはもう何がなんだかです。子宮口は微妙に9センチぐらい、そしてまっすぐ降りてくるはずの赤ちゃんの頭が首をかしげている状態らしく助産師さんに「1時間ぐらい様子を見て治るのを待つか、痛みは増すけど早く終わらせる方法として陣痛が来たときにあわせて頭の方向を治していくか」の選択をいわれ即答で後者を選択
それぐらいなにより早く産みだしたかった

分娩台の足をおく位置がいまいち全力でいきみきれずに本来膝を置く場所に足を置いていきむことに・・・これ通常の人よりも骨盤がかなり広がってしまう体勢らしいです
しかしこの体勢をとってからかいきみやすくなったためかすぐにデロンとチビたんが出てきました~

へその尾を首と肩に巻きつけていたため(だから首をかしげていたんだね)チアノーゼチックの色身ですが泣き声も元気に出てきたので本当に良かった
ついさっき外に出てきたばっかりなのに見事におっぱいに吸いつくチビたんに「あぁ、君がお腹にずっといたんだねぇ~」と感慨深くなっておりました

自分としては陣痛→出産は想像をはるかに超える痛みでしたが助産師さんいわく結構な安産らしいです


更新がかなりあいてしまっておりますがその後の育児などについてはまたあらためて時間をみつけてアップいたします
コメントいただいた皆様、本当にどうもありがとうございます!!

2011.05.02

ご報告

5月2日 PM14:40に3050g、49.5cmの女の子を無事に出産しました

母子ともに健康です

取り急ぎではありますが、詳しくはまた後日落ち着いてからご報告させていただきます。ではでは

Copyright ©どさんこの玉手箱. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。